コンセプト

総合建設山本工務店の注文住宅コンセプト

地元津山市で公共事業や住宅事業に携わり続けて50年以上。地元密着型の姿勢と高い技術力などで信頼していただき、今に至ります。創業以来守り続けてきた、当社の家づくりのコンセプトをご紹介します。

総合建築の山本工務店の家づくりコンセプト

山本工務店は、「お客さまの想いを100%反映する家づくり」、「自社施工比率が高くてローコスト、そして確かな技術力」、「アフターフォローから始まる本当のお付き合い」の3つを家づくりのコンセプトにし、お客さまに満足していただける注文住宅の提供をしています。

01お客さまの「想い」を100%反映する家づくり

人生で最も大きな買い物と言われる「住宅」。予算や土地の形状など限られた条件の中で、お客さまの「想い」を100%反映する家をご提案するべく、常に努力を続けています。

そのために当社が最も力を入れているのは「お客さまからお話を聞くこと」。こだわりや不安に思うこと、さらにはまだ漠然としている希望など、しっかりと伺っていきます。ヒアリングはお客さまの想いを実現するための第一歩。何なりとご遠慮なくお申しつけください。

01 お客さまの「想い」を100%反映する家づくり
02自社施工比率が高くてローコスト、そして確かな技術力

地元津山市で50年以上にわたり数々の建物を手がけてきた山本工務店。自社施工比率が高いため、下請けへの中間マージンが発生することが少なく、ローコストで高品質、高性能の住宅の提供を実現しています。実は当社はもともと公共事業に強く、入札ランクはAランクを誇ります。

不特定多数の人間が利用する公共の施設などを手がけるには、多くの条件をクリアする必要があり、入札が非常に難しいのが現状。それほど難易度の高い公共事業を得意とすることから、当社の技術力の高さはおわかりいただけるかと思います。

公共事業で培った高い技術力を生かし、安心して暮らしていただける家づくりを展開。施工のみならず、ご提案から設計、アフターフォローに至るまで万全なサポート体制があります。将来的に必要ならリフォームやリノベーションも請け負っており、末永く快適に過ごせるマイホームをお約束します。

02 自社施工比率が高くてローコスト、そして確かな技術力
03アフターフォローから始まる本当のお付き合い

山本工務店は創業から50年以上、地元津山市で多くの公共事業や注文住宅事業を手がけてまいりました。これも当社を信頼してくださる地元の皆さまのおかげです。当社は公共事業を得意とすることからもおわかりいただける通り、高い技術力を自負しております。その技術力は一般住宅の建設にも遺憾なく発揮しています。

また当社は家を建ててお渡しすればそれで終わりとは考えていません。むしろそれからがお客さまとの本当のお付き合いの始まり。お引き渡しから1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、12ヶ月後、18ヶ月後、24ヶ月後と、こまめな定期点検を行うなど、しっかりとしたアフターフォローをお約束します。

また、経年による建物の劣化や家族構成やライフスタイルの変化によってリフォームやリノベーションが必要なこともあります。当社はそれらも得意としており、本当の意味で長く住み続けることのできる、また資産価値を維持できる理想の住宅をご提供しています。

03 アフターフォローから始まる本当のお付き合い

ロイヤルSSS構法だから実現できる家

「ロイヤルSSS構法」とは、全国展開の工務店ネットワーク「ロイヤルハウス」オリジナルの新構法。地震や台風にも耐えうる強さやしなやかさ、超長寿にもとづく耐久力、空気をきれいにしたり過度な湿気を吸収する天然のエコ性能など、木が本来持ち合わせている素晴らしい特性を最大限引き出し、活用するために生まれたものです。

最も湿気がたまりやすい天井と屋根の間の「小屋裏」と呼ばれる部分には自然換気棟を設置。効率のよい換気が可能となりました。同じく湿気がこもりやすい床下には、通常の2倍近くの換気性能を発揮する「基礎パッキン工法」を施しています。これらにより、家全体の耐久力がアップします。

さらに「鉄筋コンクリートベタ基礎」や「プラットホーム床構造」、「垂木補強」、「高耐震木構造」など、木の強さやしなやかさを活かすための対策は万全。

もちろん、ロイヤルSSS従来型断熱材と24時間換気システムで木のエコ性能を可能な限り引き出すことも忘れていません。

  • ロイヤルSSS構法だから実現できる家

6年連続GOOD DESIGN賞受賞のロイヤルハウスの特長

ロイヤルハウスの基本姿勢は、住む人が快適に暮らせる住空間を提供すること。決して奇をてらったわけではなく、その快適さを追及した結果、見た目にも素晴らしい住宅となりました。そのデザイン性の高さは2012年に初めてGOOD DESIGN賞を受賞して以来6年連続受賞の快挙を成し遂げていることからもわかります。

例えば2014年受賞の「骨の見える家」。住まう人自らがDIYを楽しんだり将来リフォームやリノベーションがしやすかったりするために考えた結果、部屋や天井などの下地が見える、ユーモラスなデザインとなりました。

同じく空間のデザインを変えやすいよう「積み木」のごとくつくりあげられた「積み木の家」も、そこで過ごすだけで楽しい気持ちなります。他にも1階から2階まで全面ガラス張りの「大開口の家」、1階の面積の約半分を半戸外の空間にした「軒の家」、門から扉までの空間をさまざまに活用できる「門のある家」など、どれをとっても「この手があったか!」と、見る人をうならせるデザインです。

6年連続GOOD DESIGN賞に輝くほど高いデザイン性

pagetopPAGETOP

0120-073288営業時間 9:00~18:00

お問い合わせ
アクセス